受験戦略・勉強法

2012年09月07日

生物学習の注意点概略

presented by
受験戦略・勉強法Web指導塾(株)合格の天使
無料メルマガの購読の登録はこちら
※具体的な問題の解説や勉強法、各種無料企画のご案内を配信しています。知る人ぞ知る受験必勝メルマガです。



【生物学習の注意点概略】


[注意点1]

生物は知識がないと始まらない科目ですよね。
とはいえ知識もただ覚えるのではなく、正確に理解して覚える、覚えることがたくさんある表等を見たらまず核となる部分だけ覚えあとのものは比較対象で関連付けて覚えるという工夫が必要です。


[注意点2]

多くの受験生が苦手とする考察問題についても考察問題のポイントをまず理解し普段の勉強で教科書や参考書をこなす際にポイントを注意してみていくことが重要です。
例えば教科書の実験の部分を事象を含め、実験の手順や試薬を使う意味を理解して整理していくことで力も付きます。


[注意点3]

生物は物理・化学に比べ分野ごとにあまり関連がないという特徴があります。
分野ごと勉強していくという方法でも構いません。
覚えるべきことが多いですので工夫が必要です。


[注意点4]

同じく一口に記述・論述問題といっても、志望校の問題により、単に知識をつなぎ合わせればよい知識型論述か思考が必要な考察型論述かというように問題の性質に大きな違いがあります。
各自の志望校の問題に応じた対策をしてください。


[注意点5]
論述問題はただ知識があるだけでは解答できないのはもちろん、思考・考察とその思考・考察の表現力が求められます。
ことに制限字数内、制限時間内にキーワード等、配点ポイントとなる部分をしっかり踏まえて簡潔に論述することは訓練が必要です。
しっかりとした対策を行いましょう。
添削を受けることも重要です。


「生物」センター試験対策概略
「センター対策編 生物 問題集・参考書」
「2次試験・私大対策編 生物 問題集・参考書」

もあわせてご覧ください。

記事がお役に立ったかたは1クリックの応援をお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

姉妹サイトの
秘伝受験戦略・勉強法(株)合格の天使 FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/
天使の使い 頑張れ受験性 合格の天使 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

もよろしくお願いします。
応援ありがとうございます。

  









トップページへ戻る


ラベル:受験戦略 勉強法
posted by 総帥 at 00:01| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

「2次試験・私大対策編」生物 問題集・参考書

presented by
受験戦略・勉強法Web指導塾(株)合格の天使
無料メルマガの購読の登録はこちら
※具体的な問題の解説や勉強法、各種無料企画のご案内を配信しています。知る人ぞ知る受験必勝メルマガです。


※各問題集・参考書の概略は画像をクリックして頂ければ見られます。


[基礎知識の習得]

教科書と以下2冊の書き込み式のサブノートのどちらかを用いるのもひとつの手段です。


「必修サブノート 生物T」
 



「生物Tの必修整理ノート」





教科書がどうも合わないという方には以下の入門書、参考書。



「田部の生物Tをはじめからていねいに」シリーズ(東進ブックス)



教科書レベルの基礎知識に抜けがある人の入門書。わかりやすい。



「生物T合格39講」「生物U合格33講」(学研)



教科書レベルの知識を網羅的にインプットするに適した参考書。
問題演習をこなす中で新たに得た知識等は、これに書き込んで、知識の一元化をはかり、直前期や普段の 学習の際に見直せば効率良く知識を吸収できる。
辞書本としての役割も果たすものなので生物選択者は買っておいて損はないです。 
おすすめです。



「生物T・U基礎徹底問題集」(駿台文庫)



基礎用語の確認と演習を目的とした問題集。
基礎知識を確認しながら上記「合格39講・33項」をすすめたい人におすすめ。
教科書レベルの知識をしっかりつけた人はこれを飛ばし下記演習用の問題集から問題演習に入ればよい。
 


「らくらくマスター生物T・U」(河合出版)



センター生物のレベルであるならばこの問題集までこなしたら過去問演習に入ることをおすすめします。



[標準〜]

以下3冊は難関大学対応レベル。
このレベルの問題集をしっかりと1冊こなせば過去問演習に入ることをおすすめします。


「理系標準問題集・生物」(駿台文庫)



生物の入試問題に要求される標準〜レベルの知識と考察力をつけるのに適した問題集。
以下2冊を含めどれか1冊おすすめをと言われれば、これをおすすめします。


[生物T問題集合格139問](学研)



上記「合格39講」「合格33講」の姉妹版問題集です。



「生物T・U基礎問題精講」(旺文社)


 
基礎と書いてありますが、上記2冊よりレベルは高めです。
 


[実験考察問題対策及び論述対策]

同じく論述問題といっても、志望校の問題により、単に知識をつなぎ合わせればよい知識型論述か、思考が必要な考察型論述かという問題の性質に大きな違いがあります。
各自の志望校の問題に応じた問題集・参考書を選んでください。


「生物実験考察問題入門」(駿台文庫)



実験考察問題を解くにあたっての思考方法を身につけるのにおすすめの一冊。
どのような視点で実験考察問題に対処したらいいのか明らかにせずに問題演習のみを繰り返しても実力は 効率的についていきません。
一定の視点、普遍的な考え方というものをまず身につけましょう。
 


「大森茂の生物論述問題の解き方」(あすとろ出版)



考察型の論述問題が出題される大学の受験生向け。



「生物T・U論述問題が面白いほどとけるスペシャルレクチャー」(中経出版)



知識型の論述問題が出題される大学の受験生向け。  



「考察問題の点数が面白いほどとれる問題演習」(中経出版)



実験考察問題の標準レベル問題集と言えるでしょう。
  


「考える実験問題50選」(駿台文庫)



これは実験考察問題の問題集の中でも最高レベルにあると言えます。
できないことは気にする必要はありませんが、解説をしっかり読んでしっかり視点や思考方法を身につけ ていくことが重要です。
考察型の論述問題が出題される超難関大学を目指す受験生以外は使用する必要はありません。 
 
 

[特定分野対策]
 
基本は上記問題集・参考書で満遍なく全範囲をこなすことです。
従って以下のものは必ずしも使う必要はありませんが、難関私大等で出題に偏りがある学部もありますの で、そのような大学の合格者が役立ったとしてあげたものを掲載しておきます。
 

「大森徹の生物・計算・グラフ問題の解法」(旺文社)



計算・グラフ問題が頻出する学部対策におすすめ。



「大森徹の生物・遺伝問題の解法」(旺文社)



遺伝問題が頻出する学部対策におすすめ。


「生物」センター試験対策概略
「センター対策編 生物 問題集・参考書」
「生物学習の注意点概略」

もあわせてご覧ください。



記事がお役に立ったかたは1クリックの応援をお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

姉妹サイトの
秘伝受験戦略・勉強法(株)合格の天使 FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/
天使の使い 頑張れ受験性 合格の天使 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

もよろしくお願いします。
応援ありがとうございます。

  






posted by 総帥 at 00:12| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

「生物」センター試験対策概略

presented by
受験戦略・勉強法Web指導塾(株)合格の天使
無料メルマガの購読の登録はこちら
※具体的な問題の解説や勉強法、各種無料企画のご案内を配信しています。知る人ぞ知る受験必勝メルマガです。


【「生物」センター試験対策概略】


[年度による難易度の変化]
センター生物は年度により問題の難易度が変化します。
このことを頭に入れた上で難しい年度にあたってしまっても焦らず対処しましょう。
そのために基礎知識を付け問題演習をこなしたらセンター過去問演習をしっかりとこなしましょう。
センター試験の傾向、独特の問題というものも存在します。
この観点からも過去問演習を十分にこなす必要があります。

[時間対策]
試験時間は60分。
知識問題を正確かつ確実に早く仕上げ実験考察問題に時間をかけられるようにしましょう。
センター生物で高得点を獲得できるかの分かれ目になります。
そのために知識は正確に理解し記憶しておくことが必要です。

[得点見込み]
各自生物でどの程度の得点を見込むか、志望校のセンター生物の配点がどの程度かということは、対策として、どこまで何をこなすかということに大きく影響してきます。
この点を明確にしましょう。

[知識の覚え方]
図や表の数値等は全て細かく覚えるのではなく、核となる重要なものをまず覚え、その他のものはそれと比較対象して大きい小さいという視点で覚えていきましょう。

[遺伝問題対策]
遺伝問題は確実に得点できるように、独立・連鎖・組換えは比を暗記するだけでなく正しく理解した上で、遺伝現象を捉えましょう。

[考察問題対策]
注意点3に関連しますが、実験考察問題でどの程度の得点を見込むかにより対策も自ずと変わってきます。
まずこの点を明確にした上で、実験考察問題対策に取り掛かりましょう。


「センター対策編 生物 問題集・参考書」
「生物学習の注意点概略」
「2次試験・私大対策編 生物 問題集・参考書」

もあわせてご覧ください。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

姉妹サイトの
秘伝受験戦略・勉強法(株)合格の天使 FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/
天使の使い 頑張れ受験性 合格の天使 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

もよろしくお願いします。
応援ありがとうございます。

  







posted by 総帥 at 00:10| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

「センター対策編」生物 問題集・参考書


presented by
受験戦略・勉強法Web指導塾(株)合格の天使
無料メルマガの購読の登録はこちら
※具体的な問題の解説や勉強法、各種無料企画のご案内を配信しています。
知る人ぞ知る受験必勝メルマガです。



生物がセンター試験でしか必要がないという受験生も多くいますね。
そのような方のためにセンター対策に特化した問題集を掲載しておきます。
(2次試験でも生物が必要な方はしっかりとまず2次試験対策を基礎から行い、センター対策は過去問演習をしっかりと行いましょう)


※各問題集・参考書の概略は画像をクリックして頂ければ見られます。


[基礎知識の習得・確認]

教科書と以下2冊の書き込み式のサブノートのどちらかを用いるのもひとつの手段です。


「必修サブノート 生物T」
 



「生物Tの必修整理ノート」





教科書がどうも合わないという方には以下の入門書、参考書。



「田部の生物Tをはじめからていねいに」シリーズ(東進ブックス)



教科書レベルの基礎知識に抜けがある人の入門書。わかりやすい。



「生物T合格39講」「生物U合格33講」(学研)



教科書レベルの知識を網羅的にインプットするに適した参考書。
問題演習をこなす中で新たに得た知識等は、これに書き込んで、知識の一元化をはかり、直前期や普段の 学習の際に見直せば効率良く知識を吸収できる。
辞書本としての役割も果たすものなので生物選択者は買っておいて損はないです。 
おすすめです。



[知識問題対策問題集]
以下の3冊のうち自分の好みに合うものを1冊こなしましょう。


「大森徹のセンターはこれだけ!生物T」(文英堂)




「センター試験 生物Tの点が面白いほどとれる本」(中経出版)




「きめる!センター生物T」(学研)



上記2冊に比しレベルは高めです。


「センター試験のツボ生物T」



考察問題対策も含め何か一冊という人にオススメ。


[実験考察問題対策問題集]
以下の3冊のうち自分の好みに合うものを1冊こなしましょう。







「解決!センター生物T」(Z会出版)
上記2冊に比しレベルは高めです。



「各予備校の予想問題集」
過去問演習までしっかり終えたら各予備校の予想問題集を使って実戦のトレーニングを積んでください。
予備校によって本番よりも難しかったり、易しめだったりします。
得点はあまり気にする必用はありません。
時間配分や問題を解く順番等のトレーニングと考えましょう。
感覚や傾向は絶対に過去問を優先させてください。


「生物」センター試験対策概略
「2次試験・私大対策編 生物 問題集・参考書」

もあわせてご覧ください。

記事がお役に立ったかたは1クリックの応援をお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

姉妹サイトの
秘伝受験戦略・勉強法(株)合格の天使 FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/
天使の使い 頑張れ受験性 合格の天使 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

もよろしくお願いします。
応援ありがとうございます。

  











  







posted by 総帥 at 00:58| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。