受験戦略・勉強法

2012年04月13日

化学 問題集・参考書 

初めてこのブログを訪れる方へ
弊社「受験戦略・勉強法」の検証・立証については→こちらへ
弊社リニューアル「商品サービス」については→こちらへ
興味のない方は本文↓へ


今回は化学の問題集・参考書を取り上げます。
学校の授業、教科書、副教材で基礎をつけることも可能です。
その点は誤解のないようにお願いします。

基礎
定義:
このブログでは教科書レベルの知識を意味しています。

注意:
基礎力をつけるには教科書や教科書傍用問題集でもかまいません。
あれもこれも手をつけないことが重要です。


何度もいいますがこの部分に抜けがあると、どんなに問題集や参考書を繰り返しても成績は伸びません。これは保障します。
難関大学合格者が重視し不合格者が軽視している部分です。

すべての科目に言えることですが、多くの受験生が間違っているのはとにかく基礎の捉え方、基礎部分を軽視して一般的に言われている基礎とか難関大学に入るならこれくらいはできなければという問題集や参考書からは入り、それを根性で何回も繰り返すという方法です。

自分では理解した気になって解法等を暗記しているのでしょうが、基礎部分に抜けがある限りそれは丸暗記に過ぎません。
決して使える知識になりません。したがって本番で目先を少し変えられるだけで対処不可能になります。
本当は基礎からの思考が問われているだけなのにです。

基礎というのは本当にすべてを制する大切なものなのだということを理解してください。


「気鋭の講師 岡野の化学をはじめからていねいに」(東進ブックス)
教科書レベルの基礎の抜けが多い人向けの一冊。
解説がていねいで初学者にもわかりやすいです。
授業をサボってしまったり、化学が苦手で何がわからないのかわからないという人はここから入るといいです。
また難関大学志望者で最初からこの上の問題集・参考書から入ってしまったけど実力が伸びないという方にもおすすめ。そういう方は端からこれをやるのではなく、わからない分野だけ基礎にさかのぼってみるという使い方もありです。
問題集・参考書は賢く使いましょう。

「らくらくマスター化学T・U」(河合出版)
これも教科書レベルの抜けが多い人向けの一冊です。
上記、はじめからや教科書と併用して基礎知識をつけるために用いてもよいです。

以上の2冊はすべての範囲、分野をこれ一冊でまかなおうとする必要はありません。
すべての分野を網羅しているわけではありません。
あくまで基礎を早い段階で固める、基礎について抜けが大きい受験生、化学が苦手な受験生が化学の全体的な基礎を確認する、全範囲に基礎を確認するという感覚で用いてください。
教科書と併用をしてもいいです。
また、ある分野はわかっているけど基礎が怪しいなという分野のある受験生は苦手な分野のみを基礎を確認するという使い方もしてみてください。

このほか、
「鎌田真彰の化学 理論化学<必修知識編>」(旺文社)
「鎌田真彰の化学 有機化学」(旺文社)
「福間智人の化学 無機化学」(旺文社)
を問題演習部分(入試問題にチャレンジ)は使わずに基礎知識の習得に使用する方法もありです。

標準
定義:
このブログでは各志望大学の過去問演習、本試験問題対策に本格的に入る前に解法の過程、解法のパターンを理解、記憶するために用いるものをさします。


「チョイス新標準問題集 化学T・U」(河合出版)
教科書レベルの基礎を確認しつつ基礎から標準レベルの問題演習をするのに適した問題集です。
化学について教科書レベルの基礎知識が大丈夫であるという方はここから問題演習に入るか、下記化重のどちらかから問題演習にはいればよいです。

「実践 化学T・U重要問題集」(数研出版)
標準知識の問題を扱った問題集です。
入試問題の演習として量・質ともに十分な一冊です。
教科書レベルの知識を身につけたならこちらのほうがおすすめかもしれません。

このレベルまでこなしたら過去問演習に入ってもよいです。
難関大学でも十分に対応できます。
一度早い段階でやってみることをおすすめします。
このレベルまでこなせば基礎標準知識は十分身についているはずです。
逆にこのレベルの問題をやっていて基礎知識があやふやだなと感じたら、教科書や上記基礎で挙げた問題集・参考書、もしくは後述の辞書的参考書でその部分を常に確認していってください。

注意:
当然ですが、ここに掲載したもの以外でもかまいません。重要なことはあれもこれもやるというのではなく、自分が理解しやすいもの一冊に絞って本質的な理解をし、知識を使いこなせるようにすることが重要です。


「化学T・U標準問題精講」(旺文社)
標準からやや難レベルまでを扱っている問題集。
難関大学対策の仕上げ用と思ってください。
各自の志望大学の本試験問題の難易度、得点戦略、他科目との計画の兼ね合い等を考慮して使用するかどうか考慮してください。

「化学T・Uの新演習」(三省堂)
やや難から難レベルまでを扱った問題集です。
難関大学志望者といえどもここまでやるかは各自の戦略次第です。
やるにしても、出題の特色上まず有機化学のみやるとか、理科のもう1科目の仕上がり状況を勘案して用いてください。

「化学T・Uの新研究」(三省堂)
これは、これ一冊で入門から難問まで対応できるほどの詳しさです。
当然これを普段使う問題集とすることは避けるべきですが、辞書としてわからないことあいまいなことがあれば調べるものとしての利用なら非常に便利かつ有益です。
難関大学理系合格者に利用者も多いです。
あくまで辞書です。


物理では触れませんでしたが、物理、化学をどのように勉強していくかですが、これは全分野を基礎から満遍なく積み重ねる方法と、分野ごと基礎から完成させていく方法があります。このどちらをとるかは合格者によって異なります。
しかし、各分野の理解が相互に関連することも多いですので苦手な方、基礎知識に抜けが大きい方は教科書等の基礎を一通り全分野についてやってから分野別に取り組むことをおすすめします。

また、物理の力学のように、化学では理論化学が全体の理解のために重要です。
理解に時間がかかります。
理論化学の理解は重視してください。

化学の勉強法については理三合格講師のコツ記事も合わせてご覧ください。

以上取り合えずというかたちであげておきます。
後から補充もありえます。

頑張りましょう。
頑張るぞの気持ちの切り替えとともに、バナーを1日1回クりックしてください。
お金は一切かかりませんので安心してクリックしてください。

大学受験 ブログランキングへ

引き続きブログ・メルマガ・商品サービスへの盗用につき監視と報告をお願いします。

以下もよろしくお願いします。
注:このブログは基本的にPC用のものです。携帯電話からですと、リンクしなかったりいろいろな不具合がございます。ご了承ください。
FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/

 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

合格の天使の公式サイト
http://goukaku-tensi.com


posted by 総帥 at 01:05| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。