受験戦略・勉強法

2012年04月12日

問題集・参考書 古文・漢文

初めてこのブログを訪れる方へ
弊社受験戦略・勉強法の検証・立証については→こちらへ
弊社リニューアル商品サービスについては→こちらへ
興味のない方は本文↓へ



今回は古文・漢文の問題集・参考書を取り上げます。
学校の授業、教科書、副教材で基礎をつけることも可能です。
その点は誤解のないようにお願いします。

古文

単語
「マドンナ古文単語230」(学研)
「古文単語ゴロ565」(アルス工房)

古文単語については難関大学であってもセンター試験と大差ないレベルである場合がほとんどです。
何か一冊をやり、問題演習等で出てきた単語は専用補充ノート等を作りその都度補充していけばよいでしょう。


文法
「富井の古典文法をはじめからていねいに」(東進ブックス)
古典文法をあまり真剣に授業でやらなかった、基礎に抜けが大きい人向けの一冊。
解説がていねいで基礎の基礎から文法を学ぶのに適しています。

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」(河合出版)
問題演習を通じて古典文法の基礎を身につけたい人向けの一冊。
基礎知識がコンパクトにまとまっており、基礎知識の確認用として用い、確認を終えたら本格的な問題演習に進めばよいです。


読解対策
「富井の古文読解をはじめからていねいに」(東進ブックス)
読解と古典常識の基礎の基礎を身につけるための一冊。

「古文入門 読解と演習23」(Z会出版)
問題数は少ないですが、文法・読解の基礎の確認を効率よく行いたい人におすすめの一冊。
本格的な問題演習に入る前に基礎の確認として用い、この後に本格的な問題演習に入っていけばよいです。

「読解古文問題集」(旺文社)
私大対策向けの一冊。
本文の隣に訳がつけられた解説であるため使いやすいという声が多いです。


記述対策
「得点奪取 古文 記述対策」(河合出版)

テーマ別に記述の方法論の解説のある第1部とそれを前提にさらに演習を第2部で重ねる形式の問題集。
これは記述対策の問題集です。
添削例も掲載されていますので独学者におすすめしています。


古典常識
「速読古典常識」(Z会出版)

和歌の技法も詳しく扱っている一冊。
ただし、古典常識に関しては授業や国語便覧、問題演習で古典の解説に触れている中で意識的に習得していけば特別参考書を使う必要はないという合格者も多くいますので、その点は各自考慮してください。


和歌の修辞法
「和歌の修辞法ー荻野文子の特攻マドンナ古文」(学研)
和歌の修辞法については難関私大等で頻出の学部もあります。
特に必要のない方もいます。
各自の志望大学の問題傾向にあわせて考慮してください。


漢文
句法
「漢文ヤマのヤマ」(学研)
解説が充実しています。
漢文について1からやる方にはおすすめの一冊です。

「ステップアップノート10漢文句形ドリルと演習」(河合出版)
上記ヤマのヤマに比し問題が充実しています。
他方、ヤマのヤマに比し解説が詳しくありません。
上記ヤマのヤマとの併用もしくは基礎知識はそこそこ自信があるが確認しておきたいという方におすすめします。

「漢文入門」(Z会出版)
これは句形から読解問題まで扱っており、これ一冊で段階的に実力をつけられるようになっています。
上記2冊よりレベルは上と思ってください。


記述対策・問題演習

「得点奪取 漢文記述対策」(河合出版)

古文編と同じく第1部は演習と記述の方法論の解説、第2部は演習と詳しい解説に加え採点基準、添削例がついており独学にもおすすめです。

「漢文道場」(Z会出版)
第1部から第3部まで順に文法・句法、基礎レベルの演習、国公立・私大対策問題を扱っています。
ただし、この演習に入る前に文法・句法は基礎が固まっていることが前提ですので、第1部は飛ばして使用している合格者が多いです。

「最強の漢文」(Z会出版)
漢文をここまでやるかは各自の計画と過去問の傾向次第です。


古文・漢文はしっかりとやっておけば得点現になりうるものです。
特に現代文が難解な大学・学部ではここで如何に得点するかが合格のポイントになります。
各大学の過去問のほかにセンター過去問も基礎固めにはよい問題集になります。
ことに漢文は難関大学であってもセンター過去問が解ければほぼ解けるという出題が多いです。
各自しっかり傾向と難易度は把握してください。

当然ですがこれ以上のレベルの問題集・参考書も存在します。
そこは各自志望大学・学部のレベルと割ける時間を考慮して使用するかを決めてください。
しかしいずれにしてもここに掲載したレベルのものを基礎もないのに飛ばすことは危険です。

もう一点、古文に記述問題が出題される大学・学部志望の方で単語と文法のみをやり、いきなり記述対策に入られる方がいますが、古文は英語と同じと考えてください。
読解の基礎を軽視することがないようにしましょう。

様々な事情がありますので、とりあえずというかたちで挙げておきました。
様子をみて補足するかもしれません。
人気ブログランキングへ




posted by 総帥 at 00:17| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

現代文 問題集・参考書

今回は現代文の問題集・参考書について取り上げます。

現代文については大学、学部によって得点が見込めない、確実性がないということから対策を全くしないという人もいます。
現代文はフィーリングの問題とかセンスの問題だからやってもしょうがないという意見も多いです。

逆に皆がやらないならここで差をつけよう???と言って色々やられる方もいます。

しかしこのどちらもおすすめできません。

現代文も試験科目です。
試験問題として出題されるということは正答の根拠となるなるものは必ず存在しなければなりません。
また記述・論述式の出題でも採点ポイントは絶対に存在しなければなりません。
そうでなければ問題として成り立ちません。
公平な採点もできません。


ということは、その正答の根拠や採点ポイントを見分けるための対策は必要になります。
論理を正確に把握する、解答のポイントとなる部分を正確に把握する等です。
しかもそれを制限時間内に処理する能力も必要になります。


逆に、大学、学部によっては本当に難解な問題文が出題されるところもあります。
ごめんなさいな言い方しますが、問題文がへなちょこビームを出しているとこもあります。
「何か伝えたいことがおありでしたら、もっとわかりやすくお書きになられたほうがよろしいのではないでしょうか」
と言いたくなってしまうものもありますよね。(あくまで個人的な感想です。)


このようなものに多くの時間を割いたからといってそれに比例して得点が見込めるわけではありません。
ですので、志望大学、学部の問題傾向によっては多くの時間を現代文対策に割くことはコストパフォーマンスの点からおすすめできません。


とはいえ、問題が難解である大学、学部の場合受験生の得点差がつかないので、受験戦略として、その群れの中に自分がいる必要があるという意味で、
逆にそこそこ得点できる性質の出題をする大学ではそこそこの得点を取る必要があるという意味で、
基礎的な現代文の読解の方法論・評論用語・記述対策・漢字対策はしておくことをおすすめします。

学校や予備校の授業、教科書等を有効活用できればそれでもかまいません。
とにかく自分の他科目もあわせた計画、現代文の得点戦略、志望校の問題の性質をしっかり考慮したうえで対策方法を考えてください。

現代文に関してはセンター過去問や志望大学の過去問のみで対策を済ませている合格者も多くいます。
ただ基礎的なものが抜けている方や苦手意識のある方は読解の方法論について基礎的なものを読んでみることはいいことだと思います。

また、現代文を日本語だからという捉え方はあまりしないほうがいいと思います。
評論用語の意味がわからなければ英語等と同じ性質の問題になります。

以下問題集・参考書を上げますが、以前からお伝えしているようにかなり絞ってあげてあります。
あくまで参考です。
対策としてこういう項目がありますよということがお伝えしたいことのメインです。
書店に実際に行き同じ項目で色々比較してみるのもいいかもしれません。



[読解の方法論]

「田村のやさしく語る現代文」(代々木ライブラリー)

「入試現代文へのアクセス」(河合出版)

「現代文読解力の開発講座」(駿台文庫)

読解のポイントがわからない、いまいちはっきりしないという方はこれらのうちどれか1冊をやってみるといいと思います。



[評論用語]

「ことばはちからだ 現代文キーワード」(河合出版)

「現代文キーワード読解」(駿台文庫)

評論用語は英語・古文の単語と同じように捉えておいたほうがいいです。
そのキーワードの意味がわからないだけで文章の意味や解答のポイントに影響してくることも多々あります。
どちらか一冊やればいいですが、ことばはちからだだけで十分という合格者も多いです。


[記述・論述対策]

「得点奪取 現代文 記述論述対策」(河合出版)

記述論述に関しては、過去問演習をメインにしている合格者が多いです。
その際ですが、なるべく添削を受けること、それが無理でも数種類の過去問集をそろえ解答を比較するということがおすすめです。
現代文の解答は他科目にまして色々です。
ですので、これじゃなくてはいけないというよりも解答のポイントは何なんだろうという点に意識を持って解答を眺めてみるといいと思います。


[漢字対策]

「ステップアップノート30 頻出漢字と基礎知識」(河合出版)


漢字対策本はいろいろあります。
しかし普段読む文章の中で意識を持ってこまめに漢字をチェックすることが何より大切です。
必要な方は書店に行って自分が気に入った構成の漢字対策本を選んでみてください。
読解が難解な場合の得点源や記述論述対策の際の正確な記述にも必要なものです。

ではこのブログを読んでくださっている全国の受験生の皆さん今日も一日頑張りますよ。

人気ブログランキングへ

(株)合格の天使ブログ3姉妹でをよろしくお願いしますね。
注:このブログは基本的にPC用のものです。携帯電話からですと、リンクしなかったりいろいろな不具合がございます。ご了承ください。
FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/

 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/
posted by 総帥 at 08:11| Comment(0) | 受験戦略・勉強法 国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。