受験戦略・勉強法

2012年04月19日

日々の計画の立て方A


弊社「受験戦略・勉強法」検証・立証についてはこちらへ
弊社リニューアル「商品サービス」についてはこちらへ
他のブログと比較されたい方は


大学受験 ブログランキングへ
興味のない方は本文↓へ




今の時期に勉強習慣と自分のペースをつかむことは今後効率的に勉強を進めていく上でとても重要ですので、計画の立て方についてはこの時期重点的に扱います。

今回は前回の記事の関連事項ですので前回の記事をごらんになっていない方は、まず前回の記事、日々の計画の立て方@をご覧になってからお読みください。
また年間計画の立て方についてもご覧になっていない方はそちらもご覧ください。

前回は日々の計画を立てる際、効率を追求する方向と非効率を排除する方向の大きくはこの2つの視点で計画を立ててくださいということをお伝えしましたが、今回から数回にわたりその日々の計画の反省と次の日以降の計画への反映の具体的実践方法について掲載していきます。
今回は、日々の計画を反省する基準について掲載します。
多くの受験生が誤った方向へ行っているものですので、このブログをご覧になっている受験生のみなさんは合格するための勉強、効率的な勉強、さらにはそのための計画と反省ってなんだということを理解して優位に立ちましょう。


早速本題に入りますが、
まず問題です。
皆さんは日々の計画を反省する際何を基準に反省していますか?
また逆に、何を基準に勉強量をはかっていますか?
何を基準に達成度・満足度をはかっていますか?




多くの受験生の答えは時間だと思います。
今日は何時間勉強できたかを他の受験生と比較する・・・・・・・・・・




これは合格のための勉強、効率的な勉強という視点からは誤りです。
何時間勉強したかはあくまで、主として効率的に計画をこなせたかということを反省する基準とそれを計画に反映する際に必要になるものであって、合格のための勉強、効率的な勉強という観点からは日々の勉強量をはかる基準に時間を用いることは不合格への王道だと思ってください。


理由を説明します。
以前、計画は年間計画→中期計画→短期計画→日割りの計画で立ててくださいということはお伝えしたのですが、この本質を理解できている受験生のみなさんは意味がお分かりだと思います。
どこかで聞きかじって表面的にしかこのことが理解できていないと、勉強量をはかる際の基準に時間を用いてしまいます。

以前お伝えしたことをみなさんは覚えていらっしゃるでしょうか?
日ごとの計画を立てる際にも時間基準ではなく教科書、問題集や参考書の項目基準、ページ基準で立ててくださいとお伝えしたことを。
これは基礎からの思考回路を構築してくださいと一貫してこのブログでお伝えしていることとも関連するのですが、年間計画、中期計画、日割り計画以外の短期計画はすべて時間ではなく、問題集、参考書、過去問集等についてこの時期までにはここまでやる、ここまで完成させる、ということを基準に立てられているはずです。

そして最終目的である年間計画(長期計画)の到達点に達することを目標に日々の計画をこなしているわけです。
反対方向からの思考ですね。
計画を立てる際の基礎的な基準は年間計画、それに向かって実行していくのは日割り計画。
計画の立案と計画の実践の基準点が正反対の関係にあるわけです。

しかし、これは同一直線上にある点と点であり最終目標は年間計画の到達点に達することですので、日々の勉強量、達成度をはかる基準は年間計画を基準に細分化した教科書、問題集・参考書の項目、ページ基準でならなければならないわけです。
その年間計画の最終目標に如何に日々近づいていくかということが、現実的に合格に近づいていく唯一の明確な道標です。
この道標を見失うと、今日は何時間勉強できた、他の受験生と何時間勉強できたかで勉強量・達成度を競うという全く意味のないことをはじめてしまいます。これは本当に全く意味がありません。

東大理三合格講師の受験勉強時の精神状態という記事の中でも、
「年間の計画を最初に立てて、それをもとに期間・日毎の計画を立てたわけですから、考えなければならないのは目の前のやるべきことです。まず目の前にあるノルマをきちんとこなしてから、それが楽すぎたりキツすぎるのなら調整して行けば良く」
と触れられていますが、これはまさに明確な道標をしっかり見ている証拠なのです。

ですので、日々の勉強を反省する際、勉強の量、達成度をはかる際も必ず計画の項目基準の達成度とこなせた量を基準に反省してください。
この合格のために現実的に必要な唯一の道標を見失うと、日々の勉強は決して効率的なものになりませんし、合格のための勉強にもなりません。
よって日々の計画を立てる際も間違った方向へ行ってしまいます。

他の受験生が何時間勉強していようが、自分の志望校合格にとって全く関係ありません。
日々の計画を反省する際もこのことはしっかり意識してください。
これによって余計なストレスや誤った方向の勉強をしないで済むようになります。
勉強の質を確保していけるようになります。

このブログをご覧になっている受験生の皆さんは今日から計画を反省する際、項目基準で反省するということ、勉強量をはかる際も時間ではなく項目基準ではかるということ、他の受験生の勉強時間は関係ないということをしっかり意識して日々の勉強量・計画の反省をするということを今日から実践してください。

これによって初めて日々の計画も合格に向かった効率的で実践的なものを立てられるようになります。
次回はこの観点からの日々の計画の反省をもとに計画を修正していく方法について取り上げます。

ではみなさん今日も頑張りましょう。
1クリック、1秒の応援していただけるとうれしいです。


大学受験 ブログランキングへ


posted by 総帥 at 12:19| Comment(0) | 受験戦略・勉強法総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

天才(遺伝的才能)と受験の関係

弊社「受験戦略・勉強法」検証・立証についてはこちらへ
弊社リニューアル「商品サービス」についてはこちらへ
他のブログと比較されたい方は


大学受験 ブログランキングへ
興味のない方は本文↓へ



遺伝的な才能とか能力とかってあるのではないか?

と悩んでおられる受験生の方も多いと思います。
以前受験生のブログの中でこのようなことが触れられていてコメントしたことがあるのですが、
それはあると思います。ないといったら嘘になると思います。

たとえばスポーツ選手。
プロになったりましてや日本で1位2位を争うオリンピック選手になるには、筋肉の組成とか体格とか様々な遺伝的要素が絡んでくると思います。

また、たとえばノーベル賞をとったり世の中にない何かを開発したり、ビル・ゲイツやスティーブ・ウォズニアク(アップル社をスティーブ・ジョブズと創業した1人)
のような人たちは何かを持っているのかもしれません。

しかし、大学受験においては天才とか遺伝的な要素というのは関係ないと言い切れます。
大学入試は、日本で1位になる必要があるわけでもましてや世界で1位になる必要がある試験ではありません。
また、もっとも重要なことは、大学入試は何かを新しくクリエイトする性質のものではなく、あくまで基礎標準知識の確認とその応用、使いこなしができればどの大学の入試問題でも誰でも高得点が可能であるということです。

東大合格者を多く見ていると感じるのですが、本当に様々なタイプが存在します。
しかし、決して変人でも、何か特殊な能力を持っている人たちではありません。(中には本当にごくわずか、年間数名例外もあるでしょうが)

ただひとついえることは、ほぼ間違いなくすべての人が努力することについての秀才であるということです。
それと、正しい勉強法を手に入れる環境にあったということも大きな理由です。(正しい勉強法というのは、決して精神論ではありません。根拠のない数字を理由とした方法論でも、精神論でもありません。具体的現実的な方法論です)
正しい勉強の方向で人より努力をしたからこそ合格しているに過ぎません。

努力をする能力というのは誰でも手に入れることができる能力です。
後天的に得ることができる能力です。
ただ普通の人にとってそれが難しいということに過ぎません。

天才?そんなものは決していない。
ただ勉強だ。方法だ。
不断に計画しているということである。

ロダン


このブログをご覧になっている受験生のみなさんは、正しい勉強法を手に入れ、最大限の努力をしてください。
頑張りましょう。

1クリック、1秒の応援していただけるとうれしいです。

大学受験 ブログランキングへ


以下もよろしくお願いします。
注:このブログは基本的にPC用のものです。携帯電話からですと、リンクしなかったりいろいろな不具合がございます。ご了承ください。
FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/

 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

合格の天使の公式サイト
http://goukaku-tensi.com<
/span>
posted by 総帥 at 05:06| Comment(0) | モチベーション維持 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

日々の計画の立て方@

弊社「受験戦略・勉強法」検証・立証についてはこちらへ
弊社リニューアル「商品サービス」についてはこちらへ
他のブログと比較されたい方は


大学受験 ブログランキングへ
興味のない方は本文↓へ



数回にわたり年間計画の立て方については概略をお伝えしました。
今回は日々の計画の立て方について取り上げます。

みなさんは日々のスケジューリングをする際、その日にやりたいことをいくつかリストアップし、所要時間の目安を立て計画を立てていると思います。
ここまでは誰でもみなさんやられていることだと思います。

問題はここから先です。
このブログでは以前から思考方向は大局的・対極的には2つある、その2つの方向でまず根幹は考えてくださいということをお伝えしてきていますが、
日々の計画を立てる際にもこのことはあてはまります。
効率を追求する方向と非効率を排除する方向ですね。

1、効率を追求する方向
(1)その日に「やりたいこと」と、「やるべきこと」は区別する
計画をうまくこなしていけずストレスを抱え込む人に多いパターンは、「やりたいこと」と「やるべきこと」を区別できていないという原因があります。
計画を立てる際明日は頑張ろうとか、今日は頑張ろうと気合が入りすぎてやりたいことをリストアップしそれを何とか可処分時間の中にねじ込みます。
しかし可処分時間には物理的な限界があります。
したがって、やりたいことをリストアップした計画ではこなしていけません。
結果ストレスを抱え込みます。

まず「やりたいこと」をリストアップしたらその中で確実に「やるべきこと」を決めてください。1つずつです。
このとき確実にやるべきことは多く作らないことです。
そして確実にその日に「やるべきこと」を決めたら、まずこれに優先的に時間を割り振ります。
そしてその次に空いた時間に「やりたいこと」(できたらいいなということ)を書き込みます。

これによって、その日にやらなければならないことだけは時間オーバーしても最低限こなすという習慣が確立され充実感を得られるようになります。
やりたいことは先延ばしになってしまっても常にやりたいこととして予定に組み込む、そしてできたらもうけもの、実際できれば更なる充実感を得られることになります。
実際計画・予定というものはこなしていくうちに、ぽつんとどこかで時間をとることができる日というものが生じます。
このときに「やりたいこと」としてリストアップしてあるものをこなせばいいのです。

これにより、大きなストレスを抱えることなく計画をこなしていけるようになります。
計画をうまくこなせない、日々自己嫌悪とストレスを抱え込むという方は、「やりたいこと」と「やるべきこと」の区別を意識的にせず、計画を立案してしまっていることが原因であるということが多々あります。
まずこの点を計画を立てる際見直してください。

そして、その際のポイントですが、計画を立てる際には実際に勉強するときと違って気合を入れすぎないことが非常に重要です。
クールに客観的にということを意識して、「やるべきこと」「やりたいこと」を区別して計画を立ててください。

(2)「やるべきもの」の中に確実にこなせるものを1つ必ず組み込む
「やるべきこと」の中でも確実に1つはこなせることを日々の計画の中には1つ必ず入れておくというということが重要です。
これにより達成感が得られ、やる気が加速していきます。

そしてもうひとつ。重要なこと。
「やるべきこと」というのは頑張らなければならないことですので、その逆の楽しいこと、たとえば今日はどこかの公園でお昼を食べるとか夜ゆっくり40分お風呂に入るとか、そういうプチ楽しみのほうも日々の計画に組み込むことによって、それを達成したという達成感を日々味わっていけるようになります。
これは普通計画を立てるとき意識しないことだと思います。
しかし、楽しいことを計画することで「やるべきこと」を効率的にこなす効果と、楽しいことという実行するのに支障がない計画を実行できたという事実は残りますので、計画の達成感を得るという観点からとても重要なことです。
また、これによりだらだら息抜きをするのではなく、効率的な息抜きを実践できるという効果も得られるのです。
日々のプチ息抜きを計画化するという話はあまり聞いたことがないと思いますが重要です。

2、非効率を排除する方向
普通計画を立てる際、「やるべきこと」と「やりたいこと」という効率を追求する視点からのみで計画を立ててしまいますが、
これに加えて逆からの思考、すなわち非効率を排除する方向からの計画もスケジュールに書き込んでしまうということも効率的に計画をこなしていくには重要になります。

具体的には、それまでや、昨日の反省として今日は「何々は絶対しない」という計画です。
これを日々書き込んでいくことにより自分の悪い習慣が明確化され、そこへの意識付け、対処が可能になっていきます。
結果効率的に計画をこなしていけるようになります。

「この何々を絶対しない」という計画もあまり聞いたことがないと思いますが、効率的に長期的に計画をこなしていくには非常に重要なことです。

以上ざっと概略をお伝えしました。
より具体的な話を今後掲載予定です。

みなさん頑張りましょう。
気持ち切り替えにポチッとお願いします。


大学受験 ブログランキングへ


以下もよろしくお願いします。
注:このブログは基本的にPC用のものです。携帯電話からですと、リンクしなかったりいろいろな不具合がございます。ご了承ください。
FC2ブログ
http://sousui1004.blog.fc2.com/

 アメブロ
http://ameblo.jp/boss1004/

合格の天使の公式サイト
http://goukaku-tensi.com
posted by 総帥 at 11:03| Comment(0) | 受験戦略・勉強法総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。