受験戦略・勉強法

2012年04月28日

勉強の量と質



大学受験 ブログランキングへ


今回は以前予告した勉強の量と質について取り上げます。
昨日の記事とのギャップに卒倒しないでください。
今日はまじめな記事です。

受験生のみなさんは、様々な情報を見て、「勉強時間」「勉強量」が多ければ合格できる、だからやる気を如何に維持させるかという情報(勉強量の確保ややる気・モチベーション維持を重視するのは勉強量を重視しているという前提があります)と、いやいや「質」だよという情報が入り乱れて混乱されていると思います。

でも巷の情報は、ほとんどこのどちらかに大きく偏っている、どちらかを重視していることには気付きますよね。
これが変わったら変ですよね。同じ人が言ってることが、それまでと急に変わるものであるならばそれはその人が本質を理解していない、いなかった・軸がぶれているということになります。
というより、そんなにコロコロ大事なことが変わってしまうような情報なら読んだり、聞いたりするだけ無駄です。
混乱するだけです。
何も本質をわかっていない、どこかで読んだ・聞いた話を持ってきているだけという何よりの証拠ですから。

で、今回の本題です。
なぜ時間を重視する思考と質を重視する思考のどちらかに偏りが見られるのか?ですが、これには明らかな理由・原因があります。
合格者からのデータですがこれが全くあてはまります。
受験生の皆さんは参考にしてください。大事な秘密が隠れています。

答から言います。

難関大学文系合格者、ことに難関大学私大文系合格者と難関大学国公立大学文系合格者であってその大学の問題の傾向が単純暗記で対応できる性質の出題であるものが多い大学合格者の場合、暗記重視・勉強量・勉強時間確保重視の方向の勉強法こそ優れたものと考えます。

他方、知識を前提にその使いこなし、応用を重視する出題傾向にある大学の合格者は量は当然として質という点を重視しています。
難関国公立理系合格者、もしくは難関大学文系合格者でも理数系も得意とする合格者はこちらのパターンになります。

そして正しい方向とか、勉強法とかあまり意識しなくてとにかく量をこなせばというかたちで勉強して偶然結果が出てしまうことがあるのは前者のパターンになります。

結果です。
前者の場合は後者の大学には合格できませんが、後者の場合は前者の大学にも合格しているというパターンが多いのが現実です。

ここをすべて一緒くたに考えてしまって勉強法を考えたり、教えてしまうと大きな間違いが生じます。

受験生のみなさんは実際、暗記には反復継続が必要であるということや今年一年の最大の目標や優先順位は志望校合格ということは誰でも言われなくともわかっていることですよね。
ただそれを如何に正しい方向で、かつ本当に苦しくなったときにどうやってその辛さを乗り越えて本来の目的に向かっていくのかという具体的・現実的な方法こそを必要としているものであることは情報を提供する側が理解していなければならないことだと思います。
また受験生のみなさんも貪欲に吸収していっていただきたい部分ですね。

話を本題に戻しますが、これは最初からこのブログ上お伝えしていますが、各志望校の過去問の傾向をしっかりつかみ対策をしていってくださいとお伝えしている部分です。

簡単な例を挙げますね。
わかりやすく東大と京大の日本史の二次試験について比較しますが、
京大の日本史は論述問題であっても知識を主として回答する形式の論述問題と穴埋め等の単語を答えさせる問題が多い傾向にあります。
これは私大にも見られるパターンですね。

他方東大の論述問題も知識のみで答えることが可能な出題もありますが、複数の文章を読ませてそれを手がかりに回答を作成することが要求される出題形式ですね。
これには、用語を暗記するだけや単に参考書や用語集・教科書を何度も繰り返し読んで暗記したところで、対応できません。
要約力、思考力、表現力が必要になります。

当然この両者では普段の勉強のやり方や対策が変わってきます。

日本史ひとつを比較しただけでもこれだけの差があるわけです。
東大と京大という2つを比較しただけでもこれだけの差があるわけです。

また、数学、理科を苦手とする方は、単純暗記や回数、量をこなすことによって克服できる科目についての勉強法を数学や理科にも持ち込んでしまって、思考ということをせず、単に問題集・参考書の回数をこなすことに意識が行き単純暗記してしまっているというパターンが多いのが実情です。
理数系科目が苦手な受験生の方はピンと来るものがあると思います。

暗記することで対処できると考えがちな社会系科目でさえ実情は異なります。
ましてや、理系科目では言わずもがなです。

是非このブログをご覧になってくださっている受験生のみなさんは、量や回数ということ以前に正しい方向性と各自の志望校によって同じ社会系科目でも勉強の仕方は大きく異なるのだということは理解してください。

そこをしっかり定めてから暗記が必要なものは暗記する、理解が必要なものは理解の過程を含め理解し記憶していく、また必要な力を鍛えていく、そのための思考をしていくということをやってください。
その上で量を確保していけばその努力は合格へと結びついていきます。

これは本当の基礎を習得する段階ではあまり意識する必要がないことである場合もありますが、基礎を一通り終え本格的な対策に入っていく際には特に注意が必要です。


余談です。
昨日の記事について、違うブログに来てしまったのかと思ったという感想をいただきました。
ですよね。。。
「ブラパン」ですからね。テーマ。
実はですね、まじめな記事ばかり書いてると、ホントはもっとふざけた記事書きたいです・・・・・
これからたまに書いても見捨てないでくださいね;;

見捨てないよポチお願いします


大学受験 ブログランキングへ


ポチしてくださっている皆さんのおかげで現在ブログ3姉妹すべて人気ブログランキングトップ10入りしてます。
ご確認ください。ありがとうございます。


posted by 総帥 at 03:18| Comment(0) | 受験戦略・勉強法総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ずっと気になっている「ブラパン」

ずっと以前から気になっていたことがあるのですが。
その気になっていることというのは「ブラパン」。

「ブラバン」ではなく「ブラパン」。
「ブラスバンド」じゃなくて「ブラジャー」「パンティー」。

?。

このブログの読者の方は、このブログがFC2、アメブロ、Seesaaの3姉妹であることはご存知の方も多いと思うのですが、
この中の、アメブロ。
PCでご覧になっている方にしかわからないのですが、右サイドバーのPR広告欄。
ここにたまにブラパンの宣伝が写真つきで入ってくるのですね。
写真つきというより写真だけといったほうがいいかもです。

で、これ記事アップするタイミングにもよるのですが、勉強法等の硬い記事を一生懸命書いてですね、アップして最終の修正をしようとするときにですね、
タイミングよく(悪く)このブラパンのPR広告が入ることがあるのですね。

へなー、しょんぼりって気分になるのですね。
なんかまじめにやってることが笑えてくるのです。

もちろんお金をかければ排除できますよ。
しかも、お金かければ簡単なんですよ。
たいした額でもないですし。

でもですね、
・公式サイト
・ブログ複数
・コンサルティングのための(受験生のスケジュール管理・指導・交流のための)SNS複数
を所持しているとですね、これにすべて有料でお金かけると結局商品やサービスに価格が跳ね返ってしまうんですね。

ですので、無料で支障のないものは無料で我慢して商品価格に反映しないようにしているのですね。
でも、たまに誘惑に負けそうになります。
うーん、クソまじめに記事書いてこの広告はいかがなものかと。

想像してみてください。
勉強法だの数学・物理の問題集・参考書だのクソまじめに記事かいてるわけですね。
で、よし終わったぞ後はアップして最終調整だッて思ってアップしてブログを見たとたん「ブラパン」。
えーっと、確かまじめに記事書いたよな?
えーっと、今の状況はなんなんだろう?
ってなります。

で最悪なことに、記事の配列上重要なキーワードが「ブラパン」広告の真横に侵入ということもあるのです。
無言です。沈黙です。この世の終わりかと思います。
全世界が平和でありますようにと祈りたくなったりします。

これならお金出してすっきりしたほうがいいなと。

でも我慢しよう。と今のところは思ってます。
ですのでみなさんもブラパンを発見したら、我慢してるんだぁ、って思ってください。

余談ですが、コンサルティングといえば近日中に全商品概要を公開します。
スカイプ、チャット、メール機能等様々なネット上の機能を利用しての勉強法やスケジュールの管理、指導は弊社3年前からの商品です。

これもずっと前から気になってたことのひとつですね^^
スカイプ、チャット機能は今回の商品では使いませんが、メール機能やSNS等ネット上の使える機能はすべて利用します。

では健全なる受験生のみなさん、ブラパンはこちらの本意ではないことはご理解いただいて、今後ともよろしくお願いします。

ブラパンに負けず頑張ってポチお願いします。
ブラパン確認のアメブロへはランキングバナーをクリックしていただければ、ランキング一覧表の6、7位にいますのでそこから入れます^^。
ちなみにFC2ブログは人気ブログランキングのもっと上にいます。ご確認ください。


大学受験 ブログランキングへ

ラベル:勉強法 受験戦略
posted by 総帥 at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

大学入試と学校の試験の根本的な違いー勉強法の相違@

1クリックしていただけるだけで元気が出ます


大学受験 ブログランキングへ



新学期が始まり、高校生の方も浪人生の方もそろそろそれなりに自分のペースがつかめてきた頃だと思います。
そこでですが、今回は勉強法のうち勉強のやり方、内容に関連する大学入試と学校のテストの根本的な違いについて取り上げます。

これは、気付いていない方には日々の勉強をする際非常に重要なことですのでしっかりと読んでいただきたいと思います。
特に中学や高校で学校のテストでは好成績であるけれども、大学入試や資格試験に失敗する方の大きな原因を含んでいますので必読です。
浪人生の方も、この視点が抜けていると同じ過ちを繰り返してしまいますので、しっかりと反省してみてください。

以前、このブログの中で軽く取り上げたことがあるのですが、大学入試や国家試験は基本的に「競争試験」「選抜試験」であるということです。
わかりやすい表現で言うなら受験生を「落とすための試験」です。

これに対し学校の試験は、基本的に「知識確認試験」「授業内容確認試験」です。
多くの公立高校の入学試験も同じ性質です。

この2つを比較してもっとわかりやすく説明すると、
大学入試や国家試験というのは、一定の定員に多くの受験生が志望するものであるため、試験問題が単調であると誰でも対応が可能になってしまい、選抜ができません。
これに対し、学校の試験や多くの公立高校の入学試験というのは選抜するという要素が少ないものですので、教科書や授業で説明されたことしか出題されません。
説明や理解の過程を含めて教科書や授業で説明されたことしか出題されないということです。
これは学校のテストで授業内容以外から出題すれば教師の方は多くの文句を生徒から言われることから見ても明らかでしょう。

でこの結果どういうことが起こるかというと、中学や高校の学校の授業の成績がよかった人ほど、このことに気付かないと大学入試の勉強でも同じ方法をとってしまうということなのです。
その結果あの人が不合格になるはずがないという人が大学入試に落ちます。
難関大学になればなるほどそういう結果になります。
勉強の方向性が間違ってしまっているからです。
ただ、例外があります。
勉強法・勉強方向の本質を理解していなくても偶然結果が出てしまうこともあるのです。
そこが多くの混乱を招いている理由でもあります。
(この例外についてはまたの機会に取り上げます)

難関大学志望者や難関国家試験志望者というのは、もともと学校での成績がよかった人が多いですので、多くの方がこの根本的なからくりに気付かず撃沈してしまいます。
すべての高校生、浪人生にあてはまることですが、進学校の高校生及び出身者の方はこの部分は本当に気をつけないとまずいです。
どんなに勉強しても1年を棒に振る危険があります。

では、何に気をつけるかですが、先ほどもお伝えしたように学校の試験や多くの公立高校の入学試験というのは説明や理解の過程まで含めて教科書や授業で説明されたことしか試験に出ませんので、それに対応するには暗記中心の勉強になっているということです。
また、暗記した知識を再現するだけで解ける問題がほとんどなのです。
したがって、自分は理解もしているという錯覚が起きます。
この感覚を疑わない限り危ないです。

三つ子の魂百までではないですが、何年間にも渡ってしみこんできた勉強方法ですから、本当に意識的に変えていかないと変えられません。
この弊害は、反省にも出てしまうのですね。間違った方向に。
多くの方は昔はもっと成績がよかった、あの頃は勉強時間をそれなりに確保していたから成績がよかったんだ、だからもっと今は勉強時間を増やさなければという反省になります。
また自分が試験に合格しなかったのは勉強時間が足りてなかったんだ、もっと勉強時間を確保しなければともなります。

確かに、勉強時間の確保は重要です。
しかし根本的な誤りに気付かず多くの勉強時間を確保しても結果は変わらないです。
正しい方向性を定められない勉強法などいりません。
偶然方向性が合致することもあるかもしれませんが、偶然です。

少し前置きが長くなりましたが、以上の事実に思い当たる節のある方は、このブログの過去記事の基礎知識の習得とはどういう意味なのか等をご覧になることは当然として、
知識のインプットのみに気をとられることなく、問題演習でアウトプットをする際その覚えた知識を前提に、新たな視点の習得・新たな思考回路の構築ということを特に意識して取り組んでください。

大学入試や国家試験ことにその上に難関がつく場合如何に初見の問題・異なった切り口の問題に対処できるかが重要になります。
これは暗記・理解した基礎標準知識をいかに使いこなせるかという出題です。
これに対処するには、基礎標準知識を前提として(あくまで基礎標準知識が前提です。とっぴな知識ではありません。)、様々な角度からの思考をするという訓練と思考パターンを習得するという作業が必要になります。
難関大学の入試問題に対応するにはここの部分の意識はしっかりと持ちましょう。
この部分が学校の試験や多くの公立高校の入学試験と大きく異なる部分のひとつです。
意識して力をつけていかなければならない部分です。

勉強時間やどのくらい暗記できたか、問題集を何周まわすことができたか等ばかりに意識が行っていると、本質的な理解や思考することによって初めて得られる新たな視点・思考回路の構築・思考パターンの習得ということが絶対的におろそかになります。
すべてのものが暗記中心でそれ以外の時間が無駄と感じられるようになってしまうからです。

もちろん単純暗記でよいものはそれでかまいませんが、志望校の試験問題の性質によってそうではないものが多々あります。
これは本当にわからない人にはわかりません。
同じことをいっていてもわかってない人には本当に本質を理解できていません。
ですのでこのブログをご覧になっているみなさんは是非意識を変えてみてください。
(誤解の無いように注意です。問題演習をする際わからないのに30分も40分も考えろということではありません。これは過去記事で触れていますが、わからない問題は5〜10分考えて答を見てしまってかまいません。ただその答えや解法を丸暗記するのではなく、基礎標準知識から思考してしっかりとそれに関連付けてああそうかと理解して、じゃあこういう風にも問えるよねとか、あの問題にも使えるよねとかそういう風に基礎標準知識をどのように使いこなすのかという視点、自分が持っている基礎標準知識にあいまいな部分はないかを確認してそれに関連付けてしっかり理解・記憶していくということです。)

他にも数点、大きく異なり気をつけなればならない部分があるのですが今回は長くなりましたのでこの辺で。
様子を見て他の重要な数点についても掲載します。


1クリックしていただけるだけで元気が出ます;;
姉妹サイトのFC2ブログ、アメブロのランキング順位・ポイントもあわせてご覧ください。
こちら↓から



大学受験 ブログランキングへ


posted by 総帥 at 04:52| Comment(0) | 受験戦略・勉強法総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。